就活テクニック

より良いキャリアを得るためのテクニックが詰まったページです。「就職活動の基本」、「自己PRの書き方」、「志望動機の書き方」、「GD・筆記試験対策」、「特定業界の攻略方法」など就職活動生のニーズに合った情報を提供しています。

2. 志望動機で書く「夢・成し遂げたいこと」に出会うための方法

5%e6%9c%88%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%88619%c3%9780%ef%bc%89

 

「夢や成し遂げたいこと」なんて急に聞かれても恥ずかしくなってしまう人も多いと思いますが、仕事を通じてどんな影響を自分及び社会に与えていきたいのかは就職活動の時期にしっかりと考えておくべきです。ここでどれだけ自分自身の考えた「夢や成し遂げたいこと」にコミットできるかがその後の仕事のモチベーションにも大きく繋がります。

 

1.安定的にお金が欲しいだけならうちの会社じゃなくてもいいよね

 

学生の多くが働くイメージができていないため、働くのも何となく安定的に稼げる仕事につくためぐらいの気持ちで就職活動をしているのが最初のうちはほとんどだと思います。一方で「安定的にお金が欲しい」ってだけならうちの会社じゃなくて別の会社に行ってくれよというのが採用する経営者側の意見になります。経営者としては少しでも能力とやる気に溢れる学生を採用したいと考えています。

 

 

2.「成し遂げたいこと」とは

志望動機でまずはじめに語るべきことは、「仕事をする上での目標・社会で成し遂げたいこと」という一番の大枠になります。高い目標や成し遂げたいことがあるからこそ、高いモチベーションで働くことができます。「仕事を通じて成し遂げたいこと」を伝えることがまず志望動機でやるべきことになります。

 

 

 

(リンク:きっかけとなる経験)で詳しく説明しますが、成し遂げたいことについては必ず「きっかけとなる経験」とセットで話をするようにしましょう。どんなに立派な成し遂げたいことを説明していても経験に裏打ちされた思いでなければ説得力に欠けてしまいます。なぜそのようなことを成し遂げたいと思ったのか、「きっかけとなる経験」もセットで常に考えるようにして下さい。

 

★複数業界で同じ成し遂げたいこと

【有料コンテンツ】:総合商社、信託銀行内定Yさん

【有料コンテンツ】:食品メーカー、物流業界内定Hさん

 

 

 

3.「夢や成し遂げたいこと」を見つけるためには

いきなり「夢や成し遂げたいこと」を語れなんて言われても、正直何も思いつかないというのが就活生のリアルな本音だと思います。私自身も就職活動をする中で、ようやくどんなことがしたいか明確になってきたように、今まで仕事経験のない学生がいきなり仕事における「夢や成し遂げたいこと」を語るのは不可能です。ではどうすれば、自分なりの「夢や成し遂げたいこと」を見つけることができるでしょうか?

 

様々な方法が考えられますが、一番いいと思えるのは、「内定者や働く人の夢や成し遂げたいことに出来るだけ触れる」というものです。その業界・企業に入社する人、働いている人がどのような思いで仕事をしているのか、何が面白いと思っているのかに触れた上で、自分はどう考えるのかということを繰り返すことで自分自身の考えが徐々に形成されていきます。

 

例えば総合商社志望の方は、総合商社に内定した人のESを見て、どのような志望動機を語っているのかたくさん触れてみましょう。その上で自分はどう感じるのか、自分ならどんな風に考えるのか自問自答してみてください。ESを見終えたら次はOB訪問して、実際に働く人がどんな考えを持っているのか直に触れてみましょう。地方にいてOB訪問が難しいという人も採用HPの社員紹介ページで代用できないかなど考えてみて下さい。多くの企業では採用HPで社員紹介のページを設けています。そこをよく読むことでどんな人がどんなことを考えながらなんとなく感じることができるはずです。もちろん直に会って話すことで得られるものも非常に多いので、是非地方にいる方も何とかOB訪問ができないか考えてみて下さい。

 

そういった地道に将来のことを考える作業を続けることで、ようやくおぼろげながら将来やりたいことが見えてくるものです。是非たくさんの人の考えに触れてもらえればと思います。

 

 

4.インプットだけでなくアウトプットしながら吸収する

上記のようにとにかく様々な人の成し遂げたいことに触れなさいという話を真に受けて「インプット」だけしてしまうのも非常に大きな問題です。是非人の成し遂げたいことに触れながら、それに対して自分はどう感じるのかについて、誰かに伝えて、フィードバックをもらうようにしましょう。その積み重ねが本番で志望動機を伝える際に必ず活きてきます。アウトプットを重視した就職活動を心がけてもらえればと思います。

 

 

5%e6%9c%88%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%88619%c3%9780%ef%bc%89